2019年07月29日

デジタル毎日「政治プレミア」寄稿記事一覧


 デジタル毎日の「政治プレミア」で、モデレーターをしています。簡単に言えば、主に国会議員の寄稿記事に関して意見募集を行い、寄せられた意見を紹介する役割です。政治プレミア内では、意見募集記事は「一言」、意見紹介記事は「まとめ」と呼んでいます。

 他にも何人かモデレーターの方々がおられますが、自分の場合は「一言」、「まとめ」を通じ論点を提示し、自分で議論を展開してしまいます。いただいたコメントも並列的に紹介するのではなく、意見募集対象記事ともども論理展開の中に組み込んで利用するスタイルです。なのでだいたいいつも長めです。

 このエントリでは、寄稿した「一言」と「まとめ」、意見募集対象記事などの情報をまとめておきます。「一言」は記事全体が無料で公開されますが、「まとめ」は有料記事会員のみ閲覧可能となっています。このエントリでは長めに冒頭部分を引用しておきますので、閲覧の参考にしてください。なお、コメント投稿は誰でもできますが、編集部によるチェックが入ります。


最新記事

第8回
■意見募集記事「一言」
憲法改正は争点として有効か 何をテーマに訴えればいい?(2019年7月18日)
冒頭部分引用
  国政選挙になると、マスメディアでは今回の選挙の「争点」はこれこれといった報道がなされます。各政党、各候補もさまざまな「争点」について考え方や賛否などを表明します。

 そうした報道や選挙戦が悪いとは思いませんが、どれほどの意味があるのかと疑問に思うこともあります。近年の衆参両院の選挙では、投票率は50%近くにまで低下していますから、多くの人がそうした「争点」に無反応、無関心であることは確かでしょう。

票を掘り起こせない野党
 特に野党の側にとってこれはより深刻な問題です。多くの有権者が投票に行かなくなるくらいに、野党側の主張、争点に関心が向かないのが、野党の支持不足、票不足の要因だと言えるからです。自民党は比例区で有権者の2割以下の票数しか集めていないのですが、それで政権を維持できるのも、野党側が大して票を集めることができていないからです。

 野党の顔触れや名前は細かく変わっているものの、野党側が「争点」として取り上げるものは憲法、消費税、年金、原発、与党のスキャンダルなど、近年あまり変わっていません。投票率が一向に上がらないことは、これらいつも取り上げる「争点」が棄権層を掘り起こせていないことを意味します。

■意見募集対象記事
 なし

■関連ページ
2019年参院選の雑感(当ブログ内エントリ)
菅原琢「多くの人々の声すくうには」『朝日新聞』2012年8月30日朝刊 (当ブログ内エントリ)続きを読む
posted by suga at 12:34 | 政治プレミア

2019年04月02日

“後退”する日本の女性議員割合

image002.png

 政治プレミアのまとめ記事(「おじさん支配」脱却こそ政治不信克服の鍵 女性議員増加なぜ必要なのか 玉木雄一郎さん寄稿に)に提供したグラフのご紹介。衆議院議員の女性議員割合は10年前(≒05年当選議員)と比較して微妙に伸びているけど、他国では大幅に伸びているので世界の中の位置で見ると後退していますよ、ということを示しています。

 ちなみに09年衆院選で民主党の議席が大きく伸びましたが、女性議員率はあまり伸びていません(11.3%)。
posted by suga at 17:02 | 政治プレミア

2019年03月12日

衆院議員と日本人の人口ピラミッド

国会議員の人口ピラミッド

 デジタル毎日「政治プレミア」の意見募集記事(「一言」)が掲載されました。

女性は「政治力が低い」のか 国会の中高年男性支配どう考える

 上のグラフはこちらの記事のために作成したものです。このグラフのご感想等、ご意見は上記の記事に投稿していただければと思います。

2019年3月14日追記
 上記記事にも書いてありますが、意見募集を行っている元記事は玉木雄一郎議員(国民民主党代表)の下記記事です。こちらにもご意見をご投稿いただければ。

玉木雄一郎「女性議員を増やして「既存政治」を飛び越える」(デジタル毎日「政治プレミア」)

 また、政治プレミア内の関連記事一覧はこちらです。

女性の政治参加
posted by suga at 19:26 | 政治プレミア