2019年08月03日

山本太郎・れいわ新選組に関する朝日新聞「耕論」の記事補足


(耕論)山本太郎という現象

 朝日新聞の「耕論」という欄でれいわ新選組について論じました。下記エントリで述べたことにプラスして政策等について述べたものです。

2019年参院選の雑感


 また、下記エントリの内容も関係しています。

社会的弱者に支持されない野党

 このエントリでは、この記事の補足をしておきます。例によってツイッターの呟きのまとめです。

 「耕論」の記事全体のタイトルは「山本太郎という現象」となっていますが、主に自分が聞かれた、答えたのは「れいわ新選組」という政党とその政策についてです。「個人頼みの現状、政策次第」という小見出しにこれが反映されていますね。

 自分の議論はいつもそうですが、今回も事前に数字をいろいろ見てお話をさせていただいております。記事での票数比較では衆院ではなく参院のみんな、維新を使いました。二院クとか日本新党とか言ってもわかる人は少なく、有権者数やら何やらが違いますので。

 今回の記事では載らなかったこととしては、れいわ新選組の今回選挙での戦術の話があります。固定枠の件ですね。現状、マス・メディアもネットの有象無象の議論も、重度障害者が議員になること、に集中していますが、今後のれ新を考えるとこの状況が果たしてどれだけプラスか…って話です。



 記事で述べたようにれ新は投票を棄権しているような相対的貧困層にアピールして支持拡大を狙える位置にいるわけですが、現状、各メディアのれ新に関する話題の方向性がそうした長期戦略とはズレていると見ているわけです。

 これも記事に載らなかった部分ですが、れいわ新選組代表の国会活動からは、当初の原発一辺倒というイメージとは異なり、幅広く左派的立場を代表する議員へとアップグレードしたという印象を持っていました。

山本太郎 参議院議員の実績 | 国会議員白書

 その山本太郎れ新代表が院外に去ることは、来る選挙に向けての準備のため良いかもという議論もあるようですが、国会での論戦を通じての「政党の」アピールという点では損失のように思います。

 これは現職議員2人が活動できないという意味ではありません。しかし、代表本人が国会で戦ったほうが政党のアピールに繋がるのは確実でしょう。記事で述べたように棄権する相対的貧困層をターゲットにするなら特に。

 普段れ新や山本太郎をあまり取り上げなかったようなメディアが取り上げざるを得なくなっている状況を見れば、れ新にとって現状も悪いわけではないでしょう。でも、支持拡大を目指しメッセージの内容と届け先を意識するならば、メディアの飽きが来る辺りで新たな戦略を打ったほうがよいでしょうね。

 れ新支持のツイッターアカウントを見ると、ほぼ政治関心が著しく高い層です。一方、政治に関心が向かない層にメッセージを届けるのは難しいものです。マス・メディア、特にテレビはこうした層に手広くリーチできるのですが、メッセージが異なると感化はできません。

 いかに朝日、毎日、東京が頑張ろうとも、新聞は棄権する相対的貧困層からは遠い存在なので、影響力は小さいでしょう。バナー広告のようなものを除けば、ネットも同様でしょう。地方議員、党員組織にも頼れないなら、メッセージ、政策の打ち出し方をもっと工夫する必要があるでしょうね。
posted by suga at 21:11 | 分析記事