2019年07月16日

菅原琢「民意は単純ではない」『朝日新聞』2014年2月26日朝刊17面


 選挙結果が報じられる際、新聞をはじめとするメディアには、しばしば民意という言葉が踊る。有権者の思いや意見を代弁しているという自負があるのだろう。だが、選挙に意味を見出すのはそれほど簡単なことではない。先の東京都知事選を例に考えてみたい。

 この選挙では、田母神候補が4位に入ったことが一部メィアの注目を集めた。たとえば本紙では、「田母神氏60万票の意味」と題する特集記事を組んでいる(一一日2面)。この記事を読むと、若者を中心とした過激で「愛国的なネットユーザー」に支持を広げて大量得票した、というのが話の筋となっている。

 ただ、この記事を丁寧に読んでも、この説を支持する明確な根拠は書かれていない。同候補に投じた人々が、愛国的で過激な「ネット保守」と呼ぶべき人々だというデータは示されていないのである。

 むしろこの記事に登場する数字は、わざわざ取り上げることに疑問を投げかける。20代の24%が同候補に投票したとする出口調査結果は、投票率を勘案すれば、同候補に投じたのは20代有権者の10%もいなそうだというデータである。61万票という票数自体、東京都の有権者の6%に満たない。過去に同程度の得票数で落選した柿沢弘治、吉田万三、小池晃、松沢成文は、ここまで大きな扱いを受けていない。

 この記事に限らず、メディアでは田母神票=「過激な保守」という前提で論評が行われた。ここに読み違いがあると筆者は考えている。続きを読む
posted by suga at 02:46 | 懐かしい文章