2017年11月19日

若者が自民党を支持しているって本当?第2回――世論調査では20代の自民党支持率は高くない

 前回の記事では、出口調査結果からは有権者の世論はわからないことを指摘しました。出口調査は投票者のデータしか持っていないので、その値を見て「投票した若者」のうちでの自民党支持率とは言えても、若年層一般に自民党を支持しているとは言い難いわけです。分母を有権者にして(絶対得票率で)考えれば、若い世代ほど自民党に投票しないことになります。言い換えれば、投票に行くほど自民党を支持している人の割合は、若年層ほど低いのです。

 一方、ここで「なぜ若年層で自民党支持率が高いのに選挙ではみんな棄権してしまうのか」という疑問が浮かぶ人がいるのではとも述べました。そこで今回は世論調査のデータを見て、これを考えてみます。

 ただし、前回の記事を丁寧に読んだ人の中には、今回どんなことが指摘されるのか予測できた人もいるでしょう。「要因をあれこれ考える前に、まずその現象が本当に存在しているかどうか考えましょう」と述べましたが、実際にデータを確認してみると、世論調査結果から若年層の自民党支持率が高いと主張することは難しいのです。
続きを読む
posted by suga at 00:31 | 分析記事